FC2ブログ
残念ですが・・・春の登山会中止です!
- 2021/03/28(Sun) -
昨年に続き、今年も春の登山会(4月の第3日曜日)を中止することになりました。
大分県ではこのところコロナ感染者もほとんど出なくなっていますが、九州管内ではまだ
予断を許さない状態です。
参加者は県内が大半ですが、他県からの参加者もたくさん来ます。
この秋こそは、と期待しています。

元越駐車場 (1)
登山口の駐車場には桜とツツジ

元越駐車場 (2)
空の展望所では芝桜

桜空の公園
空の公園に続く豊後黒潮ラインでは桜満開です!

登山会は中止ですが、元越え登山はいつでも大歓迎です!
土日はもちろん、最近は平日でも天気のいい日は駐車場には車が並びます。
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春はもう来ている!
- 2021/03/13(Sat) -
山桜遠景2
一足早く山桜が咲きました。

そして、
植穴工事
レモン畑の苗の植穴工事が進んで、

4,5日前から苗植え作業がスタート、
苗植え近景2

そして、あっという間に
レモン苗遠景

レモン苗網越し
こんな感じ。
半年後、1年後、3年後がほんとに楽しみです!

一方、我がみかん畑は、
草刈り前草 (1)
こんな感じ。
春の恵みのきれいな野草の花もたくさん。
草刈り前草 (2)

花の咲く準備のためにも、そろそろ”春肥”の散布が必要ですが、やっぱりしばらくは、
栄養をミカンの木に届けたいので、
草刈り後
本年最初の草刈りです。
これから秋にかけて何度草刈りをするかなあ?

元越山登山口駐車場の、ソメイヨシノ
蕾膨らむ
少し蕾が膨らんできました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
元越登山口の周辺が大変化中です
- 2021/02/10(Wed) -
第二駐車場最新

昨日の、元越え登山口の第二駐車場です。
以前の萱畑(?)から一転しました。

数年前からスタートしていた、農地中間管理事業が丁度一年ほど前から本格的に工事開始になりました。
色利浦地区は、私が小中学生頃には大半の農地がミカン畑でしたが、その後のミカン価格の低迷から、後継者不足もあって、
耕作放棄畑が急増しました。
この元越山登山口付近も例にもれず、夏には萱が生い茂った遊休農地でした。

第二駐車場開始時
春、秋の登山会の時には、100台近い車を停められる第二駐車場として利用させて頂きました。

開始前01

開始前02
昨年9月から放置畑の改修がスタートしました。
萱畑を巨大なユンボーが掘り起こしていきます。

開始前03
山際の小さな畑も、小屋も

スタ^と前の切り株

開始前1
萱も雑木も根こそぎ掘られて表土が出てきます。

第二駐車場掘り返し

表土は掘られ、畑全体からかき集められ、
土の山
篩のついたユンボーで木の根や石を除かれて、いくつもの土の山になります。

均一化した土をもう一度広げていきます。
整地前

そして、
第二駐車場最新

この畑は、大手香料メーカーが国産レモンを栽培する予定です。
近くには、
みのり堆肥
苗木の植穴にいれる堆肥がしっかり積み上げられています。
長い間放置され、荒れていたこの地区の畑も2,3年すれば見違えるようなレモン畑になっているでしょう。

そうそう、登山会の時の第二駐車場は浜辺の方に予定していますので、ご心配なく!
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初雪です!
- 2021/01/09(Sat) -
駐車場の雪改jpg
1月8日朝、いつものようにデコ畑に犬を連れていく途中、元越駐車場は昨夜からの小雪がしっかり残っています。

元越山頂付近は、少しうっすらと白っぽい。
元越山頂の雪
少し雪があるようです。
この地区に雪が降るのはホントに珍しいことです。

デコポン畑は、
デコ畑の雪
こんな感じ。
デコに雪
畑の最高最低温度計では、最低温度、-6℃。
糖度の高いデコポンは、-4〜-5℃くらいならなんとか持つのですが、それ以下になると、時間に拠りますが凍結します。
3年前、2月の初めの寒波で、-7℃が二日続き、デコポンが全滅しました。
収穫した全部の果実をユンボーで掘った大穴に埋めたことを思い出しました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
謹賀新年! 今年も元越山頂です。
- 2021/01/01(Fri) -
昨日、
登山口社に注連縄
元越山登山口の小さな社に、先日みんなで作った注連縄を付けました。
そして、今日、元日、今年も山頂で初日の出を見に登りました。少し大きめの品縄を方に掛けて。

午前5時半出発。
少しゆっくり歩いて、7時に山頂へ。
まず、
山頂社に注連縄
山頂の社に持ってきた注連縄を付けます。

山頂には、
山頂で日の出を待つ登山者
25,6人の登山者がしっかり着込んで日が昇るのを待っています。
山頂は少し風があって、寒い!寒い!
指先が痛いくらいで、スマホのシャッターをなかなか切れない。

日の出時間は7時15分ごろでしたが、
日の出前
海の上にかなり雲があって、なかなか見えません。
そして、
5,6分後、
初日の出
やっと初日の出、です。

今年は早くコロナ禍に別れを告げて、皆さんと一緒に登山会を楽しめますように!!
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ