元越山のTV撮影に同行しました!
- 2011/01/31(Mon) -
TOPでも紹介のTOS番組「つだつよしのダッシュくん」の撮影に、当”守る会”のメンバー8人が同行しました。近いうちに大きな大会に挑戦する別府の小学生兄妹が元越山頂で”決意表明”するのをサポートするという構成です。撮影スタッフは5人。朝10時に登山口を出発しました。

皆さんあまり山歩きは経験ない人ばかりということで、登山口に常備している杖を選んでもらいました。
IMG_0691-28.jpg

登山口から15分くらいで行く第一展望台までたっぷり25分かけて登りました。
展望台のそばにある”おたねの泣き石”の説明の後、キャスターのつださんと小学生兄妹が記念撮影。
IMG_0695-28.jpg
IMG_0697-28.jpg

第二展望台付近で道標までしっかり撮るカメラマンとスタッフの皆さん。
IMG_0698-28.jpg


5合目の第三展望台ではインタビューもあってじっくり撮影。
登り始めてからもう1時間が経過していました。
展望台からの米水津湾の景色をバックに3人でピース!
IMG_0702-28.jpg

第五展望台にある”狼煙台跡”では冨松会長の説明を受けた後ひと休み。
IMG_0704-28.jpg

頂上に着いたのは2時間15分後の12時15分でした。
そこで二人は強く決意表明をして目出度く撮影終了となりました。
放映は2月末か3月初旬頃になりそうですが決まったらHPのトップでご連絡できると思います。

そのあと、”守る会”のメンバーは元越駐車場に3本の桜の苗木を植えました。
IMG_0707-28.jpg
IMG_0709-28.jpg

この辺りは鹿の散歩コースなので周りをしっかり網で囲っているのです。
早ければ来年には少しは花がつくかもしれません。乞うご期待!!

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
花摘みの季節です!!
- 2011/01/26(Wed) -
今日はミカンやコンの野菜畑のお話です。
元越山麓の小さなビニールハウスの1棟でソラマメを作っています。
私は百姓のくせに、作るのは自分の好きなものと決めているのです。
ソラマメはビールのうまくなる初夏に最高の当てになるし、なにより
ソラマメごはんが美味しいのです。
豆ごはんの代表はエンドウ豆ごはんでしょうが私はこれは実はあまり・・・・です。
友人のうちでソラマメごはんを出された時も豆ごはんか、と思ったものですが、
これがびっくりで、翌年からすぐにソラマメを植えました。
ソラマメは粒が大きくなければいけません。
そのためには豆といえども”英才教育”が必要なのです。
昨年10月中旬に種まきして、11月からは一杯出て来た芽から賢そうなやつを
4本に絞ります。(つらい間引きの作業です)
そのまま伸ばすと調子に乗って中身が軽くなるから、伸びるたびに茎を抑え込んで
地べたを這わせます。30センチくらい這わせてやっと立ち上がらせるのです。
1月にはしっかり花を付けますが、これから又試練が始まります。
花は普通一節に5個付きますが、これを2個に絞るのです。
それが”花摘み”(?)です。

ソラマメ畑の全景です。
IMG_0674-28.jpg

花摘み前
IMG_0678-28.jpg

花摘み後-1
IMG_0679-28.jpg

花摘み後-2
沢山の犠牲者です。
IMG_0671-28.jpg

ソラマメの苦難の道はさらにもう一段階あるのですが、それはまた次の機会にご報告します。
4月の第三日曜日に予定している「元後山・春の登山会」の打ち上げ頃には収穫できるかも。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
縦走路の地図を手直ししました。
- 2011/01/17(Mon) -
元越山から「空の公園」への尾根道の縦走路;「元越天空ロード」を利用する人が多くなってきました。
先日、ミカン畑からの帰り道、ザックを背負った人が駐車場から山と反対側に歩いているのを見て声をかけたところ、空の公園から縦走して降りてきたのでこれから又空の公園に帰るところだと言うのです。
空の公園の登山口の地図には元越山まで縦走する人は、連絡してもらえば運転者だけでも空の公園に車で送りますと書いているのですが、気が付かなかったそうです。その人を送りながらいろいろ話したのですが、要はその旨の
表示が小さくて目立たなかったということでした。
で、表示を大きくして、赤い線で囲んで少しは目立つようにしたつもりです。
(もちろん、元越駐車場から空の公園に歩く場合も同じサービスがあります!)

IMG_0629-30.jpg

詳細は
IMG_0627-28.jpg

元越天空ロードを歩く方は遠慮なくご利用ください。

地図の修正に行ったとき、空の公園の少し北東側にある小高い丘(背平山)からきれいな海岸線が見えました。
山歩きの後のいっときをお楽しみください。
IMG_0641-25.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
火祭りから雪祀り?
- 2011/01/10(Mon) -
米水津・色利は小正月に近いこの成人の日がどんど焼きの日です。
前日の9日に、地区の小総立ち(区民のボランティア作業)で高さ約10メートルのどんどを作りました。
IMG_0575-25.jpg

そして、今朝5時50分、42歳のの厄年の男性が立岩神社から松明の火を下します。
IMG_0579-25.jpg

IMG_0582-25.jpg


この火を直径20センチ長さ3.5メートルの大たいまつに移し、地元男子小学生と一緒に”わっせい!わっせい!”の掛け声と共にどんどまで運びます。
IMG_0583-25.jpg

5時57分、待ち受けた氏子総代の人たちと一緒に点火用の小たいまつに火を移します。
IMG_0592-25.jpg

そして6時ジャスト、どんどに着火!
あっと言う間に燃え上がりました。
IMG_0596-25.jpg

IMG_0602-26.jpg

IMG_0608-25.jpg
今年は一番上の竹竿の上の「吹き流し」も吹き上げる炎で一瞬のうちに燃えました。
この後、見物の人たちは燃え残った熾火で正月のお供え餅を焼いて持ち帰ります。

そしてどんどが燃え盛っているころからちらちらしていた雪が8時過ぎには結構降ってきたのです。
めったにない元越山の雪化粧を見にさっそく登山道駐車場へ。
そこにKSさんが自慢のデジ1眼レフを持ってやって来ました。
以下は彼から提供された写真も使って、あまりちゃんと見えなかった雪の元越山です。

DSC_5900S-50.jpg

山頂付近は見えないけど、ちゃんと雪山になっている、はず。
その時、なんと雪煙の中に虹がかかりました。
IMG_0614-25.jpg

DSC_5928S-50.jpg

その後も雪の山頂を見ようとがんばったのですが、
IMG_0620-25.jpg
陽が高くなるに従って温度が上がるのか、雪が薄くなって行きました。

もうお昼前になってやっと山頂がくっきり出てきましたが、
IMG_0622.jpg

雪山はお日様と一緒に空に登って行ったようです。
でも、今日はどんどの燃え方も素晴らしかったし、雪の中に虹も見えたし、なんとなく今年はいい年になりそうな・・・・と勝手に解釈してみました。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
仕事始めです
- 2011/01/06(Thu) -
正月3日の間も元越駐車場には毎日3~5台の車が来ていました。
北九州や愛媛ナンバーもありました。
今年は元越山だけでなく、色利浦の行事や私の百姓暮らしも紹介してみようと思っています。

今回は元越山麓のミカン畑のお話です。

遅れ遅れで焦っていたミカン畑の仕事をさっそくスタートしました。
(正月間に仕事すると世間?がうるさいもので)
晩成温州みかんの大津4号というのが我が家のメイン選手で、例年12月下旬までには
ほとんど収穫します。味を見ながらの収穫なので時々まだ酸味が残る樹もありまして。
この木はナンバー86番の樹。
IMG_0528-25.jpg

糖度は12くらいあって実締りもよく、色もいいのですが、ちょっと酸が強い。
我慢しておいているのですが年末からヒヨドリの餌食になり始めました。
周囲のミカン畑に沢山実がなっている間は被害も少ないのですが、この時期もう温州ミカンがあるのは
我が家の畑くらいで、集中攻撃を浴びています。
で、こんなふうに漁網ですっぽり覆ったわけです。
そうしないと、
ヒヨドリが食べた後にはくちばしの弱いメジロが来ます。
IMG_0532-25.jpg

その結果、
IMG_0541-25.jpg
こんな状態です。
今のところミカンの中では一番おいしいと思っているデコポンも例外ではありません。
デコポンは2月末までは熟成させるのでこれからが勝負です。

鳥対策前、
IMG_0547-25.jpg

鳥対策後
IMG_0550-25.jpg

デコポンの袋かけが終わると温州ミカンにはお礼肥えとして窒素と葉緑素のもとになるマグネシウム液肥を
散布します。
4月の春の登山会には我が家のデコポンを食べていただけるかも、乞うご期待・・・・・・?
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新年明けましておめでとうございます!
- 2011/01/01(Sat) -
元越山の”初日の出”を見に行ってきました。

朝 5時45分;元越山駐車場を出発。
4,5日前の天気予報では大晦日から元日にかけては大荒れの天気ということだったので、
今年はやめようかなと思っていましたが、一昨日くらいから晴れの予報に変わって急遽決行となりました。
そして、なんと出発時は満点の星空でした。

6時ごろ第一展望台から色利浦を見る;真っ暗ですが、斬月の上に金星が見えますか?
IMG_0491-25.jpg

6時10分頃;第3展望台付近ではもうこんなに明るくなりました。
IMG_0495-25_20110101105415.jpg

頂上近くでは少し雪が残っていました。
IMG_0496-25_20110101105721.jpg

7:00 元越山頂到着
水平線の彼方はまだ黒い雲で真っ暗でしたが、毎年やっている竹筒でお燗をした日本酒が今年も準備中でした。
IMG_0503-25.jpg

7:18分 やっとお出ましです。
IMG_0504-25.jpg
7:22 
IMG_0507-25.jpg

7:30下山開始
8:10登山口の願社で「安全祈願」のお祈りをして帰りました。
8;34 登山口の駐車場まで降りてきました。
振り返れば初日に生える元越山です。
本年もよろしくお願いします。
IMG_0523-25.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |