地元小学生のミカン作業実習です
- 2011/06/24(Fri) -
23日は地元の二つの小学校の3年生合同の体験活動として、「ミカン作業」の実習を私のミカン畑で行いました。
今月は中旬からほとんど雨で、どうなることやらと思ってましたが、前日は曇り。
やっぱり少し準備が必要です。

我が家のミカン畑は、なにしろ草性栽培といえば聞こえが良いのですが、要は歩けるまでは草の生え放題。

IMG_1335-28.jpg
これではさすがに気の毒なので不快指数100%(?)の蒸し暑い中を草刈りです。
草刈りは大変ですが、割と好きな作業です。
なんといっても終わった後のすっきり感が最高です。

IMG_1339-28.jpg

当日の朝はなんと快晴!
みなさん、親孝行のひとばかりのようです。
先日まで雲と霧の中で見えなかった元越山もこのとおり、くっきりです。
IMG_1337-281.jpg


午前10時過ぎに集まった小学3年生は、2校合わせてなんと12人。
私が小中学生の頃はベビーブーマーの最前線だったので、1校で1学年72人でした。
それに比べれば、…ほんとに隔世の感があります。

IMG_1348-28.jpg

今日の実習は”摘果”作業です。
葉っぱ20枚に1個くらい残してくださいとお願いしました。
体験活動を主催してくれる振興局の教育課長も補足説明に協力してくれました。

IMG_1340-28.jpg

一生懸命摘果作業をしてくれたのは、引率の先生方。
子供たちはアゲハチョウの幼虫やゴマダラカミキリを何匹も見つけてくれました。
このカミキリがミカンの木に幼虫を生んで、その幼虫が木の中を食い荒らして最後は木を枯らしてしまうのです。
IMG_1354-28.jpg
なんともにっくきやつです。

IMG_1344-28.jpg


IMG_1346-28.jpg

実習の後は質問の時間。毎年楽しみなコーナーです。
今年は、「ミカンには男と女があるのですか?ミカン同士が結婚して子供ができたら子供のミカンの葉に親から栄養をやるのですか?」のようなユニークなのもありました。
担任の先生、理科の時間によろしくお願いします。

2度目の実習は10月、つまり収穫です。
このときはさすがにみんな一生懸命になります。
美味しいミカンになるようにせいぜいかわいがります。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
トマトの初収穫です
- 2011/06/18(Sat) -
梅雨の最中とはいえ、もうしばらくまぶしい太陽を見ていないような気がします。
この厳しい条件の中、トマトの最下段がやっと色づいてきました。
IMG_1325-28.jpg
フルティカという房成の中玉種です。比較的糖度が高く、食べやすいので最初からこの品種にしています。
いよいよ初収穫です。
完熟しているものだけを選んで収穫してみました。
IMG_1319-28.jpg
全部で6.5KGありました。
初収穫なので、糖度測定と味見をしましたが、日照時間が短いのが影響して甘みが薄いです。(糖度6.5)
7以上はほしいのですが、天気の回復を待つしかなさそうです。残念です。
出荷はその後になりますが、どんな形でいくらで売るかを決めるために、
私が出荷しているところに出ているトマトを買ってきて調査しました。
IMG_1321-28.jpg
200g~300gで200円くらいが相場のようです。
全体に甘みが薄く、糖度は5~6.5でした。

今日収穫した分は、初収穫なので日ごろからお世話になっている方たちに食べてもらうことにしました。
太陽がやってきたらもっと美味しくなると期待して・・・・・?

この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
マクワ瓜の最初の試練(?)です。
- 2011/06/14(Tue) -
梅雨だから仕方がありませんが、しっかり雨の季節です。
昨日、ソラマメの後作に植えたマクワウリの摘芯をしました。
メロンやマクワウリは定植して5,6節まで延びたら、親蔓の先端をカットするそうです。
早々に小蔓に将来を譲り、どうも孫代に全てを託すようです。
IMG_1303-28-1.jpg
矢印の部分を摘芯しました。
IMG_1304-28.jpg
もう子蔓も伸び始めているのですが、子も4人までにする運命のようです。
ソラマメもそうでしたが、仲間を間引きされたり、伸び盛りの芽を切られたり、野菜の世界もきびしいものです。
隣の畝にはやっとコーンも植えました。
IMG_1309-28.jpg
ずいぶん遅い定植ですが、これにはわけがあるのです。
実は、種をまいて4,5センチ芽が伸びたころに根が何かに食い荒らされてしまいました。
野鼠の仕業とわかったのは全滅を2回繰り返した後でした。
トラップを仕掛けてやっと退治したのですが、隣に植えていたマクワの苗には何もなくて、
芽が出て中身が空になってもやっぱりコーンというのはネズミの好物なんですねえ。

元越小屋のそばの八朔の樹の下にベンチを置きました。
IMG_1315-28.jpg

隣の山田さんが使ってくれと寄付してくれたものです。
これから暑くなる季節、少し頭の薄くくなった八朔の老木です。
貴重(?)な木陰でご利用ください。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ソラマメの後作です
- 2011/06/04(Sat) -
ソラマメが終了して2週間余、二毛作としてマクワウリを植えてみようと思いました。
2週間前に種まきして育てておいた苗です。
CIMG3920-14.jpg

マクワウリはつる性なので普通はスイカやカボチャのように地面を水平に這わせるのですが、
それではおもしろくないので私は網の壁を作って縦方向に栽培してみます。
それでこんなやつを作りました。
蔓が伸ばせる網の幅は全部で3.6mです。
IMG_1289-28.jpg
株間90cmで定植しました。
IMG_1292-28.jpg
苗が無事に育って、目の前の網を伝って蔓を伸ばしてくれることを祈ります。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |