トマトもマクワも終了間際です
- 2011/08/27(Sat) -
6月18日にスタートしたトマトの収穫もそろそろ終盤です。
下の方はもう素っ裸(?)の状態です。
IMG_1607.jpg

トマトの木の、先端の葉や花や実がついているところはハウス上部に張っているワイヤから吊るしているのですが、茎の下の方は横に伸ばします。この長さはおよそ6mでした。
IMG_1616.jpg

約2か月で総収穫量は約800kgになりそうです。
収穫段数からいえば、15~20段でしょうか。
植えたのは200本余だから、1本当たり4kgくらいかな?
中玉トマトとはいえそう考えると少ないですねえ。
栽培技術の低さを如実に証明しているのでしょうか。

本日、終了処理の一つとして、摘芯を行いました。
IMG_1619.jpg
まだ木の方は結構しっかりしているし、着花・着果も少しずつですが継続できそうですが、そろそろ次作のスケジュールが迫っているのです。
このトマト畑は10月にはソラマメを植える予定ですが、昨年もソラマメを植えているので、連作障害を回避するためには、その準備、土壌殺菌に取り掛からねばなりません。

春のソラマメからマクワ栽培に引き継いだ畑も、どうやらお終いです。
ジャングルの様だったマクワ畑もすっかりしなびてしまいました。
IMG_1605.jpg
そろそろ秋の気配だなとハウスの外に出ると、久しぶりの強い日差しに空は盛夏のようでした。
IMG_1623.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
元越山麓「色利浦」のお盆顛末です
- 2011/08/16(Tue) -
わが色利浦の盆セレモニーはちょっと変です。
普通は13日に迎え火を焚いてご先祖様を墓地から家に連れて帰り、16日に送り火で家から墓地に
帰ってもらうのでしょうが、色利浦では、14日と15日にお墓参りをします。
まあ14日に家に帰ってもらって15日にお墓に帰ってもらうとしているのかもしれませんが・・・。

15日には盆踊りがあります。
この日は朝から初盆の家族と自治会の役員は”新盆”の供養のために、盆踊りの音頭櫓の横に”祭壇”
を作ります。(音頭櫓は消防団の人たちが組み立てます)
私は地区のボランティアメンバーで参加しました。
祭壇作りです。
IMG_1556.jpg
隣では消防団が盆踊りの音頭をとる櫓を作っています。
色利浦では音頭はすべてライブなので大変です。
IMG_1558.jpg

今年は春先から不幸が多く、新盆も17軒とこれまででも最多でした。
15日の夕方からお参りの人が列をなしていました。
IMG_1568.jpg

祭壇には遺影、戒名のほかに、お団子が備えられ、参拝者は一軒ごとに線香をあげていきます
IMG_1567.jpg
午後8時過ぎごろから盆踊りの輪が少しずつできてきます。
IMG_1572.jpg

アンパンマンも駆けつけてくれました。
IMG_1589.jpg

でも、なんといってもわが色利浦の盆踊りの最後を飾る”弔い踊り”は必見です。
新盆の家は、和傘の骨の1本、1本に線香を結び付けます。
また、柄の上部(下ろくろ)に故人のゆかりの衣類を結びつけます。
IMG_1579.jpg

午後11時ごろ、”弔い踊り”の音頭が始まると、傘の骨に付けた線香に一斉に火をつけ、この傘を持った
人を先頭に遺影を持った人が続き、その後を家族・親戚の人たちが連なって踊りながら輪を回ります。
IMG_1584.jpg
まるで夜空に舞う鮮やかなクラゲのように、ふわふわ、ゆるゆる・・・・
音頭の調子もそれまでののびやかな普通の踊りの時と違って、ちょっと切なげな、やや哀調を帯びたものに変わります。
IMG_1587.jpg
それまでの踊りの輪に17家族の列が加わって、いよいよクライマックスです。
もう見ている人はごく一部(私くらい・・・?)で、ほとんど全員が輪となり、波になります。
約30分、11時半にはお開きです。

それから約6時間。
16日の5時半にはお盆最後のセレモニー「精霊流し」が始まります。
新盆の家では、大きいものでは長さ1.5メートルもある精霊船(地元では”精霊さんと呼びます)に
色とりどりの飾りをつけます。
IMG_1591.jpg

船の制作は地元の船大工さんに頼むことが多いようですが、一艘ウン万円とか。
盆踊り会場のすぐそばの海に流します。
まっすぐ沖の方に行くように介添えの人が途中まで送っていきます。
IMG_1596.jpg

17艘の精霊船が無事に西方浄土に向かって漕ぎ出していくのですが、この頃は海を汚さないようにと、少し沖まで出たら演者の人が船で回収に行きます。それがちょっと興ざめです。
せめて船影が見えなくなるくらいまで沖に出てからにすればと思うのですが。

IMG_1598.jpg

陸の方では朝早くから見物人が一緒に送ります。
IMG_1603.jpg
みんなが引き上げるころ、米水津湾に朝日が昇ってきました。
これで今年のお盆もおしまいです。
IMG_1604.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
本日マクワウリ収穫です
- 2011/08/08(Mon) -
7月中旬に蔓の管理ができなくなって万歳したマクワウリですが、もうジャングルです。
IMG_1537.jpg

でもまあ実だけはなってもらわないといけないので、人工交配だけは続けていました。
おかげでそれなりに着果は順調でした。
ハウスの天井の方まで実を付けました。
IMG_1549.jpg
これはかなり後から実を付けたのでまだ青いけど、中(?)つまり、蔓と葉の壁の中の方には色づいたのがしっかり見えます。
IMG_1547.jpg

収穫したのはこんな色になってから。
IMG_1542.jpg
実は、マクワウリの収穫の目安をよく知らないのですが、
毎日色の変化を実ながら、実に鼻をくっつけてクンクンにおいをかいで、なんとなくわかったような気がしてきました。
今日の収穫は5個でした。
IMG_1553.jpg
一番大きいのがちょうど1kg、小さいので700gくらい。
最初の方になったやつなので、割と大きい方です。
糖度は9~10度だからまずまずでしょう。
今日の分は出荷せずに日ごろお世話になっている人に食べてもらいました。

もう、2,3日したら収穫できる数も増えて出荷できるかもしれません。
ネーミングはもう決まっているのです。
題して、
「そんじょそこらのメロンより美味しい(かもしれない)マクワウリです」
苗作りが遅れて、もうほかの人たちはずっと前から出荷しているのですが、なんとかお盆に間に合いました。
時期がずれて却ってよかったかも・・・・・・?

この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |