ミカン収穫実習です
- 2012/10/29(Mon) -
恒例になった地元小学生のミカン実習の”収穫作業”実習です。
6月には”摘果実習”があるのですが、今年は雨で中止になりました。

10時少し前、元越駐車場に色宮、向陽の2小学校の3年生が集合です。
IMG_4415.jpg
なんと2校で15名です。(1名欠席)
私が小中学校の頃は色宮1校で1学年73人でした。

駐車場のすぐ奥にある私のミカン畑の中で公民館長から事前説明です。
IMG_4416.jpg

私も収穫時の留意点を少し話して、収穫作業です。
引率の先生方も一緒にです。

事前に確認した”リボン”付きの樹から採ります。
IMG_4420.jpg
IMG_4421.jpg

各樹毎の味見調査結果を見ながら味比べする子もいます。
IMG_4430.jpg

集合して質問タイムです。
IMG_4431.jpg
「甘いミカンにするには何が大切ですか?」とか
「ビタミンCはどれくらいですか?」などはまあいいのですが、
「ミカンにはなぜ皮があるのですか?」というような難しい質問もあります。
毎年悩まされます。

11時過ぎには終了して皆んな自分が収穫したお土産のミカンを持って帰っていきました。
IMG_4432.jpg

ミカンの消費拡大(?)につながるかな・・・・・?

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ちょっとしたハプニングでした
- 2012/10/25(Thu) -
夕方になって元越登山道でちょっとした”ハプニング”がありました。
夕方、5時過ぎても1組の登山者が帰ってこないのです。
昼前私が、元越登山駐車場を通ってミカン畑に行ったのが午前11時前、
ちょうど大分ナンバーの軽の乗用車が来て、女性が2人靴を履き替えているようでした。
山に登るには少し時間が遅いなと思いましたが、頂上で昼食するつもりならいい時間かもと思いました。

午後からも引き続きそのミカン畑で仕事し、5時過ぎに帰ろうと駐車場まで来るとまだ車があるのです。
天空ロードを縦走するにしてはスタートが遅いし、元越山頂往復にしては帰りが遅い、と気になり始めました。
5時半になるとあたりは少し暗くなり始め、登山道はもっと暗いと思うとそのまま帰るわけにはいきません。

登山道を守る会の会長とメンバーに連絡して、間違って別ルートを降りた場合(浦代ルート)と天空ロードを縦走して歩いて駐車場に向かっている場合を想定して車で確認してもらい、私は登山道を山頂に向けて大急ぎで駆け上って行きました。
ヘッドランプがなければとても歩けない暗さでした。
途中大きな声で呼びながら道の両脇をライトで照らしながら第二展望台を過ぎた頃、もしかしたらと思ってメンバーのひとりに駐車場に行ってもらうように連絡しました。
登りながらいろいろ悪いことばかり考えていました。
第三展望台の手前に着いた時、駐車場に行ったメンバーからもう車がないと連絡がありました。
どうやら登山者は無事に帰って行ったようです。
よかった、よかったと携帯で連絡取りながら降りてきました。

彼女達がどのルートで降りたのか、今となってはわかりません。
選んでか間違ってか、下山は別ルートだったのか、天空ロードを縦走して歩いて帰った帰り道は案内標識の道とは別の道を通って帰ってきたことなどが考えられます。
結果としてはこっちが勝手に早とちりして騒いでいただけだったようです。

SH3J0034.jpg

帰り道、第一展望台からの色利浦の”夜景”(?)です。

登山者の皆さん、あまり遅くならないうちに降りてきてください。
この記事のURL | 未分類 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
秋祭りです
- 2012/10/23(Tue) -
地区の最大イベントの秋祭りが秋空の下で今年も順調に行われました。

前日、地区役員と今年担当の班長さんが先ず旗立てからスタートです。
IMG_4342.jpg

次は、大事な注連縄作りです。
IMG_4344.jpg
わら縄の扱いはやはり老人会の出番です。

祭り当日は神社の前でお守りの販売があります。
IMG_4352.jpg
遠くに行っている子供や孫たちのために何個も買う人が多いのです。
私もUターンするまでは毎年親から送られてきたものです。

神殿ではいよいよ神事の始まりです。
IMG_4358.jpg
IMG_4354.jpg

一通りの神楽が終わったあとはいよいよクライマックスの”綱切舞”が始まります。
先ず、みんなから奉納されたサラシを四隅の柱にくくりつけます。
IMG_4374.jpg

鬼面を付けた舞手の熱演が始まりました。
IMG_4375.jpg

子供も真剣な眼差し(?)です。
IMG_4376.jpg
でも、この子達にとって大変なのはこの後からです。

IMG_4385.jpg
IMG_4384.jpg

神楽の舞手に抱いてもらうと元気な子供に育つと言われていることから、親たちは競って子供を鬼に抱いてもらいます。迷惑なのは訳のわからない子供達です。

IMG_4400.jpg
子供たちの泣き声が収まった頃、鬼はサラシ”綱”を次々に切って行きます。
帰るときにはこの切れ端をもらって帰り、大抵は布巾に使うそうです。

ラストは神社石段の下で”湯立て神楽”があります。
IMG_4408.jpg

煮えたぎったお湯を笹の束で掬って、
IMG_4411.jpg

見物の人たちをバシャバシャと叩きます。
IMG_4413.jpg

これも痛いのですが、やっぱり神さんのご利益があると思うのか、みんな嬉しそうに受けます。

こうして豊作と無病息災を念じて秋祭りが無事に終わりました。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
やっとミカンの収穫です
- 2012/10/21(Sun) -
極早生ミカンがすっかり色付きました。
IMG_4332.jpg

農協に共同出荷するミカン農家はもうほとんど収穫・出荷を終えています。
私の方は完熟収穫をもっとうにしているので(?本当はただ遅れただけ)極早生ミカンの第1回味見を一昨日やっと終わりました。
例年通りに糖度を測って、食味して、OKのものにはテープで印をつけます。
糖度は平均10度くらいでまずまずのようです。
IMG_4334.jpg
テープ印が一番多く付いたのは極早生の中でももっとも早い「大分早生」という品種です。
でも、大分早生はちょっと薄味なのであまり好きではありません。
しっかりした味の「日南」種はまだ10本に1本くらいしかテープが付きません。

初回の収穫は6コンテナだけ。
もう数件注文を頂いているので早速選果です。
IMG_4338.jpg

直売所に出荷する前に箱詰めです。
IMG_4349.jpg
今年は雨が多くて黒点病の予防散布の時期が大幅に遅れたので外観があまり綺麗ではありません。

ハウスのそばに仕掛けたイノシシわなですが、
IMG_4326.jpg
なんと若い鹿さんが入っていました。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
元越駐車場付近の草刈です
- 2012/10/16(Tue) -
元越山登山道の駐車場の西側に予定している炭焼き窯作りが諸般の事情で遅れていることもあり、草や木の繁茂が盛んです。秋の登山会を約1ヶ月後に控え、急遽草刈りをすることにしました。
IMG_4295.jpg

ちょっとすごいことになっています。
IMG_4299_20121016190720.jpg

参加メンバーは7人の精鋭(老兵・・・?)、早速草刈開始です。
IMG_4309.jpg
IMG_4296.jpg

灌水配管の処理にユンボーを運転しているのは会長です。
IMG_4310.jpg
開始から3時間、すっかりきれいになりました。
IMG_4311.jpg

11月は土日に行事が多いのでいつもは登山会の一週間前に行なう第二駐車場の草刈もついでにやってしまいました。

ビフォー
IMG_4317.jpg

アフター
IMG_4320.jpg

IMG_4322.jpg

お疲れさんでした。
今週末はいよいよ秋祭りです。
本格的に秋本番ですが、個人的にはミカンの収穫期がとっくに来ているのが気になります・・・・・。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
防風林の剪定(?)です
- 2012/10/13(Sat) -
デコポン畑のマキの木の防風林に何やら蔦が絡んでひどいことになっています。
IMG_4279.jpg
IMG_4280.jpg

脚立を立てていざ登ってみると、こんな実が沢山なっています。

IMG_4284.jpg

マキの実です。
IMG_4271.jpg
上の青い実がホントの種になる部分で、下の赤い部分が花托とか花床とか言われる部分です。

ちょっとジェリーっぽい独特な食感です。
酸味がほとんどなくて甘い実です、まあ特に美味しいというほどではありませんが、子供の頃には
桑の実や椎の実やグミなどと同様に山のおやつの一つでした。

防風林の蔓状の部分を刈り取って、マキの上の方を切りそろえて終了です。
IMG_4285.jpg
IMG_4287.jpg

先日来、ビニールハウスのある畑が盛んに掘り返されて、どうやらイノシシの仕業と思われたので、知り合いの猟師さんにお願いしました。
IMG_4293.jpg
箱わなです。餌は米糠です。
入るかな・・・・?
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
物置小屋の基礎工事です
- 2012/10/08(Mon) -
1ヶ月前に”水盛り”をしてから大雨が二度ほど、さすがに溝には土砂が崩れ落ちていたので、とりあえず溝掃除してバラスを入れ、少し突き固めました。
IMG_4239.jpg
中央の”どんつき”はつい最近知人からもらったものです。突き固めるには結構便利です。

溝に入れるコンクリートは計算上では0.5㎥ほどなので、コンクリミキサーを使います。
IMG_4240.jpg
バラスと砂とセメントを入れて混ぜ合わせ、混ぜながら加水します。
これは、元越村の”炭焼き窯”を作るときに使う予定で、会長がどこからか焼酎3本で調達してきたものです。
これがあったのでほんとに助かりました。m(__)m

溝にコンクリを詰めたら、ブロックを積みます。
IMG_4243.jpg

水準器でブロックの水平を確認しながら慎重にやります。
IMG_4248.jpg

換気口のついたブロクを4箇所に配置しました。
IMG_4244.jpg

間口方向に各2本、奥行横行に各3本のアンカーボルトを入れて、モルタルを入れて固定します。
IMG_4251.jpg
ブロックの穴までモルタルを入れます。
IMG_4254.jpg
出来上がりです。
なんとか基礎まで出来たので、とりあえず天気の心配はなくなりましたが小屋が出来るのはいつのことやら・・・・・・?


この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ソラマメ植え付けの季節です
- 2012/10/05(Fri) -
夏が終わると、いきなり秋の作業です。
マクワウリの収穫が終わって1ヶ月余、先週から更新作業を始めています。

IMG_3998.jpg

失敗したマクワの立体栽培の残骸(?)を片付けます。
IMG_4000.jpg
しっかり耕耘したあとにはまず石灰、それから牛糞、豚糞そして生ゴミ堆肥を入れます。
IMG_4123.jpg
このハウスには昨年もソラマメを植えています。本来なら連作障害対応として土壌殺菌をするのですが、今回は堆肥中心にして、少し菌肥料も加えて、殺菌無しでやってみようかと思いました。
せっかく堆肥をたくさん入れるのに土壌殺菌で殺してしまうのが悔しいので。
IMG_4125.jpg
IMG_4129.jpg
うね作りは完成です。後は潅水して定植するまで熟成(?)です。
つぎは、
ソラマメの種まきです。
品種は今年もこれにしました。
IMG_4188.jpg
鹿沼土とタキイの苗床用土を混合して植えます。
IMG_4191.jpg
゛オハグロ”を下にして約200粒を植えました。
芽がでるまでは新聞紙を敷いておきます。
ネズミなどの食害対策として、カゴで蓋い、更にワイヤーメッシュでカバーします。
IMG_4194.jpg

ちょっとオーバーな囲いですが一度ネズミの餌になってしまったのに懲りまして。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |