元越作業小屋の棟上げです
- 2012/12/25(Tue) -
クリスマスイブのこの日、待望の棟上げは初雪がチラチラ舞う寒い朝でした。
IMG_4901_20121225071502.jpg
屋根部を吊り上げるための10トンクレーンも待機しています。

出来上がった屋根部を前に、会長より今日の仕事の段取り説明です。
IMG_4896.jpg

作業開始。
屋根にワイヤをかけますが、バランスを取るための固定位置決めに二度三度。
IMG_4905.jpg

ゆっくり吊り上げます。
IMG_4909.jpg
ゆっくり移動します。
IMG_4915.jpg

IMG_4918.jpg

立ち位置を合わせながら慎重に柱の上に載せます。
IMG_4920.jpg

屋根部を固定するためと、屋根を葺くために足場を作ります。
IMG_4945.jpg
メンバーには土木・建築関係の経験者(プロ)がたくさんいるのでこんな作業はお手の物です。

柱から軒桁にかけてボルトを通して固定します。
IMG_4929.jpg

最後はトタン張りです。
特注の厚さ0.5mm、3mの特注トタンなので結構な重さです。
IMG_4948.jpg
IMG_4952.jpg
明り取りもつけました。
IMG_4961.jpg

完成です。
IMG_4962.jpg

最後の仕上げはやっぱりこれです。
IMG_4965_20121225075939.jpg
IMG_4968.jpg
近所の人達からたくさん差し入れをいただ来ました。
ありがとうございました。
2012年、思い出に残るクリスマスイブになりました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
今年も門松つくりです
- 2012/12/23(Sun) -
いよいよ押し詰まってきましが、「元越登山道を守る会」に区長から恒例の門松作り手伝いの掛け声がかかりました。区の役員さんと一緒に20人ほどが集まりました。

今朝は8時前から中心となる孟宗竹を切りに行きました。(松と梅は準備済)

先ず中心となる大竹のカットです。
IMG_4815_20121223204706.jpg
チェーンソーで荒切りした後、電気カンナを使って綺麗にします。

笑い口が綺麗にできました。
IMG_4813.jpg

土台となる砂盛の周りを1/4にカットした竹を針金で編んでいきます。
IMG_4826.jpg

いよいよ土台作りです。
IMG_4832.jpg

中心となる束ねた大竹を入れます。

荒縄でしっかり締めます。
IMG_4854.jpg

背後に松を飾り、前には梅の枝を配置します。
IMG_4855.jpg

クマ笹、葉牡丹などで最後の飾り付けです。
IMG_4861.jpg
完成です!
IMG_4875.jpg
記念撮影です。
IMG_4870.jpg

ご苦労様でした。
門松作りも5年目になると結構慣れてきました。
まだまだ地元の造園業者さんに指導を受けながらですが、所要時間は材料を揃えて3時間でした。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ミカンの季節です
- 2012/12/20(Thu) -
晩生温州ミカンの収穫最盛期です。
元越駐車場の奥にある我が家のミカン畑でも品種「大津4号」がほぼ完熟状態です。
IMG_4726.jpg
味や色をみながら毎日のように10コンテナほど収穫するのですが、
最近キーキーと鋭い鳴き声のヒヨドリやカラスがほんとに多くなりました。
その結果がこれです。
IMG_4775.jpg
一つ全部食べてから次のに移ったらいいのにつまみ食いのこの始末です。


これは間違いなくカラスです。
IMG_4746.jpg
なんとも凄まじい食いっぷりです。
食害にあった枝の下の方は、
IMG_4756.jpg
果汁が滴り落ちて葉っぱの表面が”テカテカ”しています。
完熟のミカンは早く採りたいのですが、なかなか手が回りません。

しっかり実がついているのに、酸味が強くてまだしばらく待たねばならない樹もあります。
IMG_4758.jpg
そのままでは全部鳥の餌になってしまいそうなので、窮余の一作(?)網をかけました。

ここの畑にはデコポンも50本ほどあります。
IMG_4751.jpg

温州ミカンのほうが色がいいので鳥たちもまだデコポンにはきませんが、温州ミカンの収穫が進んで少なくなると今度はデコポンに来ます。
ヒヨドリが多くなる12月にはほんとはデコポンには袋がかかっているはずです(?)が。
袋掛け作業が急務です。急務が多いのです。
この記事のURL | 未分類 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
元越村作業小屋(仮称)作り パートⅡ
- 2012/12/16(Sun) -
屋根の方は補強作業などまだまだすることはありますが、柱と屋根の形が出来てきたので今度は丁張りです。
IMG_4712_20121219082346.jpg

会長が水道工事に使う水準器を持って来てくれたので手際よくできました。

次に柱の丸太を固定するために、掘りたて柱の位置に穴を掘ります。
又ユンボーの出番です。
柱の丸太を埋める穴の深さは約130センチです。
IMG_4711_20121219082122.jpg

柱の位置にコンクリートの枠を入れ
IMG_4713.jpg
この枠の中に石を入れて強度をだします。

コンクリートミキサー車が生コンを持ってきてくれました。
IMG_4716.jpg
枠の中に生コンを入れ、
IMG_4720.jpg

ヘラで均して出来上がりです。
IMG_4722.jpg

翌日、いよいよ柱を建てます。
知り合いの造園業のユニック車で吊るして立てました。
IMG_4730.jpg
梁との固定がないので、とりあえず丸棒で補強しておきます。

柱も穴の固定枠にぴったり収まりました。
IMG_4734.jpg
穴に石を入れて柱を固定します。
IMG_4736_20121219082603.jpg

柱建てはとりあえず一段落です。
IMG_4739.jpg

この次は柱穴の石詰めの上から土盛りして掘立柱の出来上がりとなります。
柱を立ててみると意外に高いなと思いますが、この上に屋根が載るとほんとに結構な高さになりそうです。
載せるまでにまだまだ作業がありますが・・・・。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
元越村作業小屋(仮称)の建築スタートです
- 2012/12/09(Sun) -
炭焼き窯、石窯などを併設する元越村の中核になる作業小屋の建築をいよいよ開始しました。

先ず、先月末に搬出した材木の皮むきです。
皮の剥きやすい夏の始め頃までには終えるはずだった皮むきがこの時期なると大苦戦です。
IMG_4624.jpg
竹べらくらいで剥けるものが今は刃物が必要です。
時間のある時に2,3人のメンバーで頑張って、1週間余りかかりました。

次は、堀立柱のために埋める部分を保護するためしっかり焼きます。
IMG_4626.jpg

丸木柱に直接丸木の軒桁をのせるので柱の頂部をチェーンソーで丸く削ります。
IMG_4635.jpg
いい感じにセットできそうです。
IMG_4639.jpg
柱と軒桁のイメージができました。
IMG_4636.jpg
IMG_4689.jpg

棟木に軒桁、垂木用の丸太を載せると屋根の部分が見えてきました。
建築には皆んな素人なので予め地面で形を作ってクレーンで吊るし上げる方法を取ることにしています。
地元の大工さんにもアドバイスをもらいましたが、結構大変です。

ホソとホソ穴で組み込むのは大変なので、羽子板ボルトや普通の長ボルトを使って止めることにしました。
IMG_4700.jpg
IMG_4706.jpg
IMG_4707.jpg
各所に筋交いを入れて強度を高めます。
IMG_4701.jpg
なんとか形ができてきました。

組立作業している隣には基礎を作る(といっても掘り立小屋だから穴掘り)ための線引きができています。
IMG_4709_20121210185409.jpg

6×8㍍の結構大きな小屋になりそうです。
今日は日曜日だったので参加者も多かったのですが、平日になる明日からはこのメンバー全員がかかるわけにもいかないので棟上げまでにはまだしばらく時間がかかりそうです。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
念願のビニールハウスの張替えです
- 2012/12/04(Tue) -
トマトとソラマメやマクワウリを作っているビニールハウスを張り替えなければと思ったのは、もう1年以上も前のことです。おまけに昨年夏には日除け処置として石灰乳を塗布したのでゆるい遮光状態です。
IMG_4618.jpg
今年の4月に張り替え用のビニール(天井部のみ)を購入し、トマトの生育改善のために梅雨までには更新するつもりだったのですが・・・・・・・・。
あれよあれよという間に12月になってしまいました。
今年中には無理かなあと諦めかけていたとき、見かねたのか強力な3人の友人(そのうちの2人は元JAのベテラン)が手伝ってやるよと駆けつけてくれました。
IMG_4619.jpg
さっさと準備してくれて、あっという間に古いビニールを剥いでしまいます。
IMG_4621.jpg
IMG_4620.jpg

新しいシートを張っていきます。
ハウスの長さが45mほどあるので結構大変です。
IMG_4622.jpg

天井部はビニペットで留めていきます。
IMG_4623.jpg

これで出来上がりです。二棟分5時間余の格闘でした。ありがとうございました。
おかげできれいになりました。
IMG_4630.jpg

すっかり明るくなったハウスの中ではソラマメの生育が順調です。
IMG_4641.jpg

主枝を摘芯したあとに伸びてきたわき芽を抑えます。
IMG_4633.jpg
IMG_4634.jpg
こうすると茎が丈夫になるそうです。(ほんとかな・・・・・?

ソラちゃんちょっと苦しいかもしれないけど頑張っておくれ!
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |