トマトの出荷始まりました
- 2013/06/30(Sun) -
トマトが熟れてきました。
IMG_0476-14.jpg

熟れ具合はあまり変わりませんが、実はこれまで通りの普通畝栽培と、今年テスト的に始めた根域制限栽培畝とでは
IMG_0474-14.jpg
こんなに樹勢が違います。
右の根域栽培畝の方は、左の普通栽培畝に比べて明らかに葉の大きさが小さく、色も薄いのです。
なんとなくひ弱に見えます。
でも着果状態はあまり変わりませんし、実の大きさもほぼ似ています。

新栽培方法はちょっとクエスチョンマーク(?)と思っていましたが、
IMG_0433-14.jpg
収穫して、糖度を測ると、
普通畝のものが、糖度6.8~7.0に比べて、根域栽培畝の方は、7.5~7.9と10%くらい高いのです。
もちろん、食味も明らかに違いました。
もう少し様子を見なければ何とも言えませんが、どうやら違いはありそうです。

パッキングします。
大きさによって、6個から8個、小さい実を間に入れて10個くらいまで詰めます。
IMG_0436-14.jpg
1パック約300gです。
売価は220円と直売所のほかのトマトに比べると少し高めの設定にしました。
根域栽培トマトの方は同じ値段ですが、一回り小さな容器で約250gです。
出荷準備完了です。
IMG_0434-14.jpg

このところ、直売所はトマトが山と積まれているので厳しい状況ですが…、どうなることやら?
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
炭窯小屋の建設スタートです
- 2013/06/24(Mon) -
元越登山駐車場の奥の、元越山荘の裏(仮称;元越広場)にやっと炭窯作りをスタートしました。
ほんとは山荘完成の後からすぐにはじめたかったのですが、諸般の事情がありまして。

元越広場の炭窯建設予定地(昨年の残骸がまだ残っている)はもう草木乱立です。
IMG_0440-14.jpg

炭窯を作る前に、まず炭窯の上屋根と作業場を一緒にした小屋を作ることにしました。
とにもかくにも、
IMG_0437-14.jpg
まずは草刈りです。
時折小雨の降る中、10人のメンバーが集まって開始です。

草刈り機6台の活躍でとりあえず作業ができるレベルにはなりました。
IMG_0445-14.jpg


会長の陣頭指揮でまずは丁張です。
IMG_0447-14.jpg

ユンボー乗りのT.Kさんはさっそく掘っ立て柱用の穴掘りです。
深さ1mの穴があっという間にできます。
IMG_0448-14.jpg

ほかの人は山荘建設で残った柱の選別です。
IMG_0451-14.jpg
このところの長雨で丸太もちょっと痛みかけているのもあります。

まず、土中に埋める部分の腐敗防止として、表面を焼きます。
IMG_0454-14.jpg
1.5mほど焼いた柱を、
IMG_0458-14.jpg
まっすぐ建てて、
IMG_0461-14.jpg
しっかり石を入れます。

3時間余でなんとか4本の柱が建ちました。
IMG_0463-14.jpg

当面あまり天気が良くないので、すぐに完成というわけにはいかないようですが、
ともかく第一歩のスタートです。
皆さんそれぞれの仕事も忙しいので、あまり焦らず、なんとか秋の登山木会までに間に合わせたいというのが
本音です。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
トマトの季節です
- 2013/06/14(Fri) -
トマトハウスがだんだん繁茂(?)してきました。
IMG_0398-14.jpg
もう私の背丈の高さです。ちょっと気になるのは、右の畝。
ここは今年の最大の関心事である、根域制限栽培の畝ですが、左側の普通畝に比べて葉っぱの大きさが小さいのです。全体のボリュームも7~8割くらい。
節間が長くちょっとひょろっとしています。

普通畝の方は、根元の方は葉が垂れて第一花房の実も見えません。
IMG_0403-14.jpg

風通しを良くするために下葉刈りです。
IMG_0404-14.jpg

これですっきりしました。
IMG_0409-14.jpg

次は、高くなった枝を下すための受け台を作ります。
支柱に樹脂針金を張ります
IMG_0416-14.jpg

これに1本毎に竹の棒をセットしてします。
IMG_0423-14.jpg
これで枝おろしの準備ができました。

IMG_0421-14.jpg
ところどころ色づいた実もあってこれからが楽しみです。

隣のハウスでは、マクワウリが伸びてきました。
IMG_0412-14.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年も梅肉エキスを作りました
- 2013/06/08(Sat) -
直売所に出荷した青梅はおかげさまでほぼ完売でした。
その残りの梅を使って、今年も梅肉エキスを作った見ました。

昨年はプラスチックハンマーで梅を割ってミキサーで摩砕したのですが、
今年は、出荷した青梅に付けたレシピ通りに、セラミックおろし器ですりおろしました。
IMG_0345-14.jpg
これは結構大変でした。
2.5kgほどの梅をおろすのに1時間以上かかりました。時間はともかく、小さな梅の実をおろすには
結構力がいるのです。女性にはとてもおすすめできません。
ネットで調べた方法ですが、ハンマーで割ってミキサーにかけるのがはるかに速くて楽です。
確かに梅の酸で金属が腐食する可能性はありますが、ステンレスなら短時間で洗えば大丈夫です。

1時間以上指先を痛くしてできたのは約1.5kgでした。
IMG_0347-14.jpg

木綿の袋に入れて、
IMG_0349-14.jpg

絞ります。
IMG_0350-14.jpg

しぼり汁はセラミックコートのフライパンに入れます。
1.4kgありました。
IMG_0354-14.jpg

中火でゆっくり煮詰めます。
IMG_0357-14.jpg
このくらいの色になってきたら弱火にしてさらに煮詰めます。

IMG_0362-14.jpg
このくらいトロリとしてきたらできあがりです。

IMG_0364-14.jpg
ビンに詰めて完成です。
今年は約100gでした。やっぱり歩留まりは4~5%というところです。
おなかの具合の悪い時の常備薬として今年も活躍してくれるかも・・・・。
(あまり活躍しない方がいいかも?)
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
梅雨です、梅採りです。
- 2013/06/03(Mon) -
まだ沖縄のことかと思っていたら、一気に梅雨になり、乾燥状態からいきなり雨・雨・雨です。
でも、田植えをひかえた米農家はほっとしているでしょう。

我が家の一番古い畑、といっても川の土手の下の10坪ほどの畑(?)に梅の木が4ほどあります。
今年は結構実がついているので、小雨の中、急遽梅採りをしました。
IMG_0336-14.jpg
IMG_0334-14.jpg

1本の木だけで40kgあまりの収穫でした。
IMG_0335-14.jpg
もちろん、農薬散布などはしていないので、ソバカスだらけですが、結構形のいいのもあります。

梅干しも梅酒もつくらないので、直売所にだしてみることにしました。

まず、タオルで雨水を拭きながらサイズ分けです。
IMG_0317-14.jpg

次は乾燥、
IMG_0325-14.jpg
ミカン保管棚において旋風機で乾かします。

次は計量、袋詰め。
IMG_0327-14.jpg
1kg詰めです。

直売所にはきれいな梅がたくさんでているので、このままでは難しい。
ソバカスだらけというのを逆手にとって、無農薬を強調したポップを作りました。

さらに、あの”梅肉エキス”と”蜂蜜漬け”のレシピ(というほどではありませんが)を付けます。
IMG_0359-14.jpg
写真入りでわかりやすそうだから初めての人でも挑戦しやすいかも・・・・・・・と期待。

IMG_0366-14.jpg
出来上がりです。
直売所では、同じ1kg入りが150~200円で売られているのですが、
サイズの大きい方を、250円、ちょっと小さくてソバカスの多いのが220円と
わざとちょっと高めにしてみました。
売れるかな?
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |