いよいよトマトです
- 2014/02/09(Sun) -
ソラマメの誘引、摘花に気を取られていたら、もうトマトの準備の時期でした。
とりあえず、台木の播種からスタートです。

今年も128穴のセルトレーを使います。
IMG_1335-15.jpg

台木はBバリア。種は300粒。
IMG_1342-15.jpg

種が小さいので我が太い指先ではとても正確に1個ずつ播けません。
で、
IMG_1344-15.jpg
こんな具合です。

とりあえず1区画に1個撒いたら、
IMG_1352-15.jpg
少しだけ土を入れて、

IMG_1363-15.jpg
軽く親指で鎮圧します。

IMG_1364-15.jpg
苗用のミニハウスの中に作った電熱線入りの保管スペース入れます。

IMG_1367-15.jpg
新聞紙で覆って発芽待ちます。
そして台木が発芽するころ、こんどは穂木になるトマトの播種です。

その間に、定植する畝作りも並行して行います。
IMG_1373-15.jpg
牛糞、豚糞、生ごみの3種類の堆肥をたっぷり入れます。
(豚糞には石灰がかなり入っているので、石灰は少しだけ入れます)
水を十分撒いたら、
しっかり耕して、
IMG_1376-15.jpg

軽く畝を作ります
IMG_1383-15.jpg

その後、またたっぷり水を撒いて、定植まで熟成です。
IMG_1387-15.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
炭窯の補修工事です
- 2014/02/02(Sun) -
昨年の秋の登山会に間に合わせようと少し急いで作ったためか、炭窯の特に甲(上部)に大きなひび割れが起こり、2回目の炭焼きではなかなか火が消えない状態でした。
そこで、先月の中旬から窯の甲部をやり直すことにしました。

まず、甲部の撤去です。
IMG_1218-15.jpg

次に、甲部の形を作るために、ドーム状に木を詰めます。
004-15.jpg
この木はどんど焼き用に集めた樫の木の元の部分です。
炭の出し口も作り直します。
010-15.jpg
いよいよ土塗の前作業として積み上げた木の上に段ボールを覆います。
IMG_1294-15.jpg

周囲の立ち上がり部分から土を塗上げていきます。
113-15.jpg

最上部を塗れば
123-15.jpg

出来上がりです。
131-15.jpg
IMG_1316-15.jpg

今回は急ぐ必要もないので、ゆっくり乾かしました。
しばらくは毎日のように”叩き棒”でペッタン、ペッタンと打ち固めたので、いい感じにできました。
火入れは2月4日、大安・立春の日でーす。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |