やっとデコポン収穫です
- 2014/03/25(Tue) -
例年なら3月の初旬から収穫をしていたデコポン、今年はどうも酸の切れが悪くて先日やっと”味見”しました。
袋掛けしたデコポン畑は真っ白です。
IMG_1566-15.jpg

普通の温州ミカンは1本の樹から少なくても2個は味見するのですが、さすがにデコポンはもったいなくて1個です。
1個で一本の樹の可否を判断するのは結構難しい。
Sサイズで比較的陽当たりの悪そうなところからサンプリングします。
四分の一にカットしてまず簡易糖度計で糖度チェックです。
IMG_1606-15.jpg
その後で食味します。これが一番大事で甘さはともかく、酸味の感じ方に一番気を使います。
舌だけでなく口の中全体の広がり、喉の残り具合など・・・・。
味見は結構大変で、甘さで腹いっぱいなので昼食は食べる気にならないし、酸で歯が知覚過敏状態になります。

結果をミカン台帳に記入します。
IMG_1610-15.jpg
Aランクは十分甘くて、酸を酸っぱいと感じないレベルで、今すぐにでも出荷OK、A'はわずかに酸味が残るので4,5日中にもう一度確認した方が良いもの。酸味の強さでB、Cランクと続きます。
この日の結果は、Aランクが3/4とまずまずでした。
糖度は平均15.5度、Max20.5度、min12.2度で甘さは十分です。
即収穫OKの樹には印の印のリボンを付けます。
IMG_1582-15.jpg

収穫です。
まず袋を取って
IMG_1598-15.jpg
IMG_1599-15.jpg
3月下旬まで置いていただけあって、しっかり完熟です。

IMG_1602-15.jpg
約100本の樹から収穫したのはコンテナ約120箱、ちょっと少ないけど若木が多くて今年は裏作だったことを考えればこんなもかも・・・。

でも、今年の問題は収量ではなく、水腐れです。
IMG_1617-15.jpg
デコポンは頂部にトレードマークの”デコ”があるのですが、枝のついているところが凹んでいるのです。
ここに雨水が溜まって腐敗菌が増殖するのです。
この程度だと中身は問題ありませんがもちろん製品にはなりません。
例年1コンテナくらいは出ていたのですが、今年は10箱以上です。
1月から結構温かく、しかも雨が多かったのが原因でしょう。

対策案を試作してみました。
IMG_1619-15.jpg
通常の伸縮布袋の上から紙袋を二重に掛けるのです。
IMG_1621-15.jpg
実のなっているところの葉っぱを2,3枚取ってビニタイで水の入らないようにしっかり縛るのです。
20本くらいの樹に試作してみましたが結果は上々でした。
袋掛け作業の時間が5倍くらいかかりますが来年からは全樹やるしかないようです。


元越山麓の山がほんとに白くなってきました。
IMG_1604-15_20140326083118316.jpg
お宮の桜ももう3分咲きかなあ。
IMG_1628-15.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春 3 題
- 2014/03/15(Sat) -
季節外れの暴風雨(?)が抜けて、久しぶりに天気が続きそうです。

大阪の友人からブログの更新を怠けているとお叱りのメールが届きました。
すみません。怠けてました。

一昨日、いつもの通り農協から頼んでいたミカン苗が届きました。
早生種「日南」、晩成温州「大津4号」、太田ポンカンの4種各5本です。

根の周りの大きさを見ながら穴を掘って、
IMG_1503-15.jpg

完熟たい肥と6か月タイプの持続肥料を混ぜて、
IMG_1506-15.jpg

根を広げながら下の方から少しずつ埋めていきます。
IMG_1509-15.jpg
IMG_1512-15.jpg

支柱を立てて、紐で固定します。
IMG_1513-15.jpg
IMG_1516-15.jpg
このあと、バーク堆肥を敷き、黒マルチを施して終了です。
この苗に沢山の実がなるころま私の体力が十分あるかどうか怪しいものですが。

次はソラマメ、
いつの間にか(?)もう私の背丈をはるかに超えました。
IMG_1532-15.jpg

下の方にはもうこんなに実が大きくなっています。
IMG_1538-15.jpg

上の方にはまだ花が咲き続けています。
IMG_1537-15.jpg
15段まで花がついているのでそろそろ摘心の時期です。
その後収穫までは、摘花で残している2つの実をさらに1つに摘果する作業になります。

次はトマト、
3重に保温した苗ハウスで、
IMG_1527-15.jpg

2月初旬に播種したトマトがしっかりした苗に育ってきました。
IMG_1524-15.jpg
もう本葉も出ています。
IMG_1523-15.jpg
そろそろ接ぎ木の前段階、台木と穂木を同じポットに植える準備が必要のようです。

外に出てみると、毎年この辺りで一番に咲く山桜の”白”が目立ってきました。
IMG_1519-15.jpg

いよいよ春本番です。
恒例の春の登山会ももう1か月余、この春の一番の大仕事であるミカンの剪定は待ったなしだし、公私(?)共にますますいそがし・・・充実した日が続きそうです。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |