ウエットドーナツ作戦?です!
- 2014/08/11(Mon) -
心配した台風11号も、約1ヶ月前の8号同様日向灘沖を通ったおかげで風雨は大したことありませんでした。

台風襲来を見越して、降る雨を効果的に利用する目的でデコポン畑にたっぷり敷き草を入れることを計画しました。
ともかく、デコポンは乾燥させるのが最悪です。梅雨明けからの猛暑時期、雨が多い時と少ない時では収穫期の酸度が大きく異なります。デコポンは乾燥すると酸が抜けません。

IMG_2353-15.jpg
知り合いの園芸業者の剪定クズ置き場です。好意で使わせてもらうことになりました。

昨秋剪定した枝や葉っパがもう発酵状態になっています。
これをミカン(デコポン)の樹の下に敷き草代わりに入れるのです。
IMG_2355-15.jpg

フォークでトラックに積み込みます。
IMG_2356-15.jpg
IMG_2359-15.jpg

ミカン畑で台車に移します。
IMG_2362-15.jpg

これはデコポンの若木です。
IMG_2363-15.jpg
この春に入れた牛糞堆肥がまだ少し残っています。

この上から敷き草を枝の範囲にドーナツ状に入れます。
IMG_2368-15_20140812082001d3d.jpg
高さ20センチ余、これくらい置けば灌水したあとでもしばらくは根周りは湿った状態にあるはずです。
で、ウエットドーナツ作戦。
成功かどうかは来年の3月の収穫に判明(?)します。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏休みの宿題はやっぱり工作です!
- 2014/08/02(Sat) -
・夏休みの宿題その1.

梅雨が明け、ミカン畑はこんどは”灌水”です。
特にデコポンの味には梅雨明けからの十分な灌水が一番大事なのです。
灌水ラインは一応できているのですが、今年はその効果を倍増(?)するために、樹の下の敷き草を徹底することにしました。
敷き草集めは軽トラックですが、
IMG_2316-15.jpg
たくさん積むにはやっぱり荷台に”囲い”が必要です。

べニア板をこんな風に固定できればいい・・・・。
IMG_2317-15.jpg
ちょっと高すぎるので、高さは70センチ、強度が必要ならコンパネだけど、萱などの軽い草だから枠だけちゃんとすればたぶんべニアでいいかも。何よりもコンパネは重いからだめと結論。

結果こんな感じ、
IMG_2318-15.jpg
表側は、
IMG_2319-15.jpg
両方作って載せてみました。
IMG_2321-15.jpg
中に草を入れると荷台のガイドで固定されるから内側からの支えは要らないと判断しました。

後ろ側の囲い板を付けます。
IMG_2322-15.jpg
”右”、”左”と書いた荷台後部に付けた”カンヌキ”様のものが意外にバチッと決まりまって両サイドの囲いを固定しています。
サイドと後部の囲いの上部の桟木(枠板)は切って固定方法を考えるつもりでしたが、間に合わせに紐で結ぶだけでいけそう・・・・、結局、いいかげん?

・夏休みの宿題、その2.

一昨年の秋から始めていた、ミカン畑の物置小屋がやっと完成しました。
思い起こせば1年半余まえに基礎作りを開始し、翌年春には骨組みができたのに、師匠のけがで半年中断。
このブログでの紹介はしませんでしたが、この春には壁板張り、塗装も終わっていました。
今回、最後の作業である、樋の設置で完成しました。
IMG_2327-15.jpg
この辺りでは、畑の物置小屋には樋を付けているところはあまりありませんが、師匠のこだわりです。
とにもかくにも完成・一件落着です。
IMG_2329-15.jpg
軒下を広くしたのはよかったです。
内部はあまり広くないのですが、軒下に結構ものが置けます。
IMG_2331-15.jpg

中には3段の棚を作り、コンテナが置けるので収納量は結構あります。
農機具や肥料、それに収穫したミカンの一時保管などこれから便利に使えそうです。

以上、夏休みの宿題:工作、でした。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |