炭焼き小屋の修理です
- 2015/08/30(Sun) -
台風一過がスッキリした秋晴れにならなかったので、昨日やっと台風被害の後始末です。

IMG_4912-15.jpg
登ってみると結構な被害です。

棟の波板もめくれていました。
IMG_4910-15.jpg

屋根の3枚の波板が風で飛んでいました。
そのうち2枚は30mほど離れた空き地から見つかったのですが、1枚は不明のママ。
また棟板も2枚行方不明。

秋雨前線の間をかいくぐって修理です。
IMG_4914-15.jpg

IMG_4916-15.jpg

83歳の会長も率先して屋根に登り、釘打ちです。
使った傘釘が少し小さめだったので、端の方だけでも大きいやつを追加打ちしました。

軒板は波板を加工して手作りです。
2時間後、

IMG_4917-15.jpg
出来上がりです。
今度は少しくらいの風なら大丈夫(?)。

IMG_4921-15.jpg
メダカを育てているメンバーが浮草(ホテイ草)を入れているのですが、繁茂してこの通り。
欲しい方にはお分けします。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台風一過ですが・・・・。
- 2015/08/26(Wed) -
この数年、以前のような強い台風は来なかったのですが、今回の15号は久しぶりに緊張しました。

25日の早朝3時過ぎから強くなった風が9時前まで。
雨の方は思ったほどではなく、家の前の涸れ川に水が流れることもありませんでした。

8時過ぎ、ちょっと不安ながら畑の点検です。

DSC_0141-15.jpg
一番心配したハウスは”締め込み”対応でなんとか大丈夫でした。

元越駐車場奥の炭焼き小屋は、
IMG_4896-15改
屋根のトタンの波板が3枚ほどめくれていました。

中から見ると、
IMG_4894-15.jpg

次は駐車場奥にあるミカン畑です。

DSC_0150.jpg
枝がポッキリ、こんな程度はもう2,3本ありました。

これはちょっと重症です。
DSC_0140 (3)
裂けた枝を切除いするのは簡単ですが、これは第一主枝だからもったいない。
しかもこれからという若木です。

ダメ元で補修することにしました。
支柱を1本立てて、裂け目を合わせます。
IMG_4898-15.jpg

ちょっと強引ですが、
IMG_4901-15.jpg
ネジ釘で固定します。背に腹は代えられません。

幅があって丈夫な”畳のヘリ”でしっかり巻きます。
IMG_4905-15.jpg

更に支柱を3本補強します。
IMG_4906-15.jpg

台風のような強風がこなければなんとかなるかも。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お盆の季節です-Ⅴ(精霊流し)
- 2015/08/16(Sun) -
8/16早朝、この地区の精霊流しが始まります。
IMG_4753-158.jpg
当初に比べるとずいぶん飾り物が多くなりました。

親戚や知り合いの人からこれを載せて下さいと手作りの作品をたくさん頂いたものを全部つけたのです。
更に、
IMG_4752-15.jpg
食べ物のお供え、船が安定するように底には砂糖袋を2,3個入れます。

5時半、海岸に運びます。
IMG_4767-15.jpg

他の家の船も来ています。
IMG_4761-15.jpg

入江に流れ込む川から下ろします。
IMG_4777-15.jpg
IMG_4786-15.jpg

海まで歩いていき、沖に向かって放ちます。
IMG_4806-15.jpg

IMG_4818-15.jpg
波もなく微風に乗ってゆっくり沖の方に出てきます。

岸では見送りの人たち。
IMG_4857-15.jpg

30分ほど沖の方に出たあとは、海上汚染防止法に抵触しないように回収です。
私も船を持っている親類の人に頼みました。
IMG_4852-15.jpg


回収した船は燃やすのがしきたりのようです。

ちょっともったいなような気がしますが・・・・・・・。
IMG_4867-15.jpg

迎え火・送り火用の肥松を下に入れました。
IMG_4873-15.jpg

IMG_4878-15.jpg

これで盆の行事はなんとか終了です。
初めての初盆体験でしたが、実際大変でした。
実はまだいろいろ残務があるのです・・・・・・。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お盆の季節です-Ⅳ
- 2015/08/16(Sun) -
この地区では盆踊りは8/14日の夜です。
昨年は天気が悪くて気をもみましたが、今年は幸い雨の心配はありません。

夕方、6時過ぎ頃から初盆家の人たちが祭壇に遺影や供え物をします。
IMG_4621-15.jpg
線香を付けた傘の柄には2mの竹竿をくくりつけています。

そして7時にはお坊さんに来てもらいお経をあげてもらいます。
今年の初盆家は5軒です。
IMG_4625-15.jpg

その後、地区の人達がお参りします。
IMG_4630-15.jpg

祭壇の前のブルーシートのスペースは初盆家の家族・親族の席で、子どもたちも一緒に踊りを楽しみます。
IMG_4632-15.jpg


8時過ぎからはいよいよ盆踊り開始です。
IMG_4685-15_20150816180716c7a.jpg

IMG_4656-15.jpg

普段見かけない若者がこの夜は沢山見えます。
おそらくこの地区の人口がいちばん多い一日です。
IMG_4728-15.jpg

10時半ごろから、初盆家の人たちはクライマックスの弔い踊りに向けて準備開始です。

ここであの傘が登場です。
IMG_4687-15.jpg

IMG_4692-15.jpg
傘の骨につけた線香に火をつけます。

出来上がりです。
傘の柄には故人が愛用していた衣類を付けています。
IMG_4695-15.jpg

この傘を持った人を先頭に初盆家の人たちがみんなで踊りの輪に入ります。
IMG_4709-15.jpg

IMG_4744-15.jpg
一人は祭壇の遺影を持って踊り、故人と一緒に盆踊りです。

IMG_4730-15.jpg

こうして11時過ぎまで弔い踊りが続きます。

次はいよいよ盆フェスティバルの最終・精霊流しです。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お盆の季節です-Ⅲ
- 2015/08/14(Fri) -
和傘の準備の続きです。

大きめの線香と大きめのコヨリを準備します。
IMG_4527-15.jpg

コヨリの耳にノリを付けて線香の端を巻きつけます。
IMG_4532-15.jpg

傘の骨の数だけ(38本)作ります。
IMG_4533-15_20150814145033a53.jpg

傘の骨に一本、一本、取り付けます。
DSC_0117.jpg

出来上がりです。
DSC_0121.jpg
これは今夜の盆踊りの、”弔い踊り”で使います。

盆踊りの会場作りも開始です。
IMG_4590-15.jpg
日頃見かけることのない”若者”が沢山(?)来てくれました。
地元の消防団の人たちです。
IMG_4595-15.jpg

<2時間余りで完成です。
IMG_4597-15.jpg


隣では、今年初盆の人の祭壇を作っています。
IMG_4575-15.jpg
IMG_4578-15.jpg

だんだん形が見えてきました。
IMG_4588-15.jpg

完成です。
IMG_4601-15.jpg

これで夕方には明かりが灯り、初盆の人の遺影や花を飾ってみんなでお参りします。
我が家も今夜夜中まで忙しい時間になります。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お盆の季節です-Ⅱ
- 2015/08/10(Mon) -
盆祭りの最大のイベントはなんといっても”盆踊り”。
昨日は地区センター前の会場の草刈りをやりました。
参加者は2つの班の小総立ち20数人。
IMG_4520-15.jpg

約1時間半でバッチリきれいになしました。
IMG_4523-15.jpg

この地区の盆踊りは地元有志で作っている「太鼓保存会」が実行部隊です。
で、太鼓台もしっかり準備です。
IMG_4526-15.jpg


我が家でも少しづつ準備が進んでいます。
IMG_4513-15.jpg

肝心の精霊船の飾り付けも
IMG_4514-15.jpg

IMG_4511-158.jpg
なんとかできてきました。

更に、これ
IMG_4517-15.jpg

この和傘です。
初盆家の盆踊りには欠かせないものですが、これからこの傘にはちょっと準備があります。
それはまた。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お盆の季節です
- 2015/08/06(Thu) -
盆祭りまで1週間、我が色利地区では盆迎えの準備一色です。
先日は地区内一斉大掃除、墓地では誰かが毎日のように墓掃除(洗浄)。

正直なところ、7月下旬までの長雨で畑仕事が溜まっているのですが、我が家も盆準備です。
実はこの地区の墓地は我がミカン畑の川沿いを通るので、その道からは畑の防風林の外側が、

IMG_4470-15.jpg
こんな感じなのです。
これはもう許せない状態なのです。

で、防風林の剪定(?)にかかりました。
使うのはこれ、ヘッジトリマという生垣バリカン。
IMG_4484-15.jpg

獣害対策のネット部は網を切らないようになんとか完了。
IMG_4479-15.jpg

下から届かい高いところは、
IMG_4485-15.jpg
脚立に足場板を載せてやります。
5kgのヘッジトリマを掲げて先端部を切るのはちょっとスリルです。

それでもなんとかできました。
IMG_4490-15.jpg

墓地参道から見ても、
IMG_4499-15.jpg
これならまあいいか、としておきましょう。

一方、実は我が家は母親が昨年末に亡くなって、今年が初盆なのです。
初盆というのはまた大変で、当然ながらそうそうあるものではないので、その準備に追われています。

まず、提灯・灯籠です。
IMG_4460-15.jpg
頼んでいた家紋入りの提灯が届きました。
IMG_4462-15.jpg

親戚からは籠盛りというお供えも届きました。
IMG_4461-15.jpg

そしてなんといってもこれ!
IMG_4472-15.jpg
精霊船です。

長崎の精霊流しほど大掛かりではありませんが、こっちは家ごとに小さな(それでも1.5mほど)船を流します。
船大工さんに頼んで作るので小さくてもちゃんとしてます。
これから飾り付けをして、初盆のお参りに来る人にも見てもらうのです。
これから16日まで続く盆行事を少しつづアップしてみます。


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |