次は、木入れです
- 2016/02/26(Fri) -
いよいよ窯に木を入れます。
IMG_5935-17.jpg

窯の中では、
IMG_5927-17.jpg
窯の周囲の低いところから入れていきます。

IMG_5936-17.jpg
毎度のことながら、狭い窯の中でできるだけ隙間のないように木を並べるのはちょっと大変です。

奮闘1時間半、
IMG_5944-17.jpg
入り口までしっかり詰まりました。

これから入り口(炭の出し口)をレンガで塞ぎます。
まず、赤土を篩って、
IMG_5954-17.jpg

しっかり練って、
IMG_5951-17.jpg

IMG_5949-17.jpg
練った土でレンガを積んでいきます。

IMG_5956-17.jpg

レンガの壁の前に土留め板を並べて、土を詰めます。
IMG_5963-17.jpg

上面の窯の天井部の間には熱気が漏れないように練った土をしっかり詰めます。
IMG_5966-17.jpg

出来上がりです。
IMG_5969-17.jpg
いい感じですが、問題はこれから。

3、4日乾かしてからいよいよ”火入れ”です。
7回目の炭焼きは3月開始です!
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
炭焼き用の木切り作業です
- 2016/02/23(Tue) -
前回の炭焼きは失敗して2割位しかとれなかったので、炭の在庫も底をついてきました。
で、いよいよ7回めの炭焼き準備です。

炭焼き用の樫の木はいつもの場所で、いつもの様に。
IMG_5899-17.jpg

チェーンソーが大活躍です。
IMG_5898-17_20160223093008fc5.jpg

足場が悪いのでトラックまではユンボーで運びます。

IMG_5902-17.jpg

IMG_5903-17.jpg

トラックに載せて、
IMG_5906-17.jpg

炭窯小屋の前まで運びます。
IMG_5908-17.jpg

窯に入れやすいように長さを揃えて小切ります。
IMG_5910-17.jpg

主幹の太いところは60センチにカットして、
IMG_5912-17.jpg
薪割り機で処理します。

10人のメンバーで午後までに7割くらいは準備出来ました。
IMG_5917-17.jpg

元越駐車場にも
IMG_5918-17.jpg

紅梅が開き始めました。
IMG_5922-18.jpg

春の登山会にはまだ少し日にちがありますが、今週中には炭窯の煙が上っているのが見えると思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やっぱりでした!
- 2016/02/15(Mon) -
IMG_5847-17.jpg
大雨、強風の翌日、恐れていた事態でした。

IMG_5849-17.jpg

IMG_5852-17.jpg
2日間かかってセットした雨除け対策もこの通りです。
せっかくの(?)バレンタインデーも後片付けの一日になりました。

この日はもう一件ありました。
早朝から元越山に登った人から、山頂付近で杉の木が道を塞いでいるというのです。
朝からがっくりしていたので、まあそのうち処置しに行くかと思っていたのですが、当日宮崎の山登りチームが30人余来るというのを思い出しました。
やむなくシート片付けは一旦中止して、チェーンソー持って登ることにしました。

大急ぎで1時間、これです。
IMG_5856-17.jpg

1月末に山頂の見晴らしを良くしようと切った樹で、途中に引っかかっていたのが昨夜の強風で落ちたのです。
IMG_5857-17.jpg

処置は簡単で、これですっきりしました。
IMG_5858-17.jpg

林道下の道にあった古い倒木もついでに、
IMG_5864.jpg

帰り道、落花椿がいい感じです。
IMG_5870-17.jpg

IMG_5869-17.jpg

この道も、
IMG_5876-17.jpg

IMG_5877-17.jpg
名前の通りの道になっていました。

大急ぎの山登りでしたがちゃんとご褒美がいただけたようです。

空の公園から登って下りてきた宮崎の皆さんにも間に合ってメデタシメデタシ。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年も、デコポンの雨除け対策です。
- 2016/02/13(Sat) -
1月があっという間に行ってしまって、”逃げる”2月ももう半ば。
我が家のミカン畑はシーズン最後のデコポンだけになりましたが、まだ鳥避けの布袋を掛けただけでした。

IMG_3635-15_20160213133443ac6.jpg

デコポン本来の美味しさが出る3月中旬まではまだ1ヶ月余。
今年は昨年の失敗を反省して布袋を少し早めに掛けた(実は今年の着果数が例年の3割位しかなかった)のでヒヨドリの被害は
少ない状態ですが、気温が高くなってくる2月からは雨が大敵です。

デコポンの特徴であるデコの周りの凹みに雨滴が溜まるとここから腐敗していく”水腐れ”が始まるのです。
昨夜から今日の夕方までは雨、しかも4月中の気温になる予報。最悪です!
急遽昨年からはじめた雨よけ対策です。

IMG_5801-17.jpg
昨年作った塩ビのパイプのリングです。
これをデコポンの樹の上に付けて、この上にポリシーとを掛けるのです。
このままだと雨が降ると枠の間に水が溜まって大変なことになるので、
IMG_5806-17.jpg
リング全体にアミを張ります。

デコポンの樹の真上には昨年セットしたポールがまだそのまま残っています。
IMG_5809-17.jpg

これに網張リングをセットします。
IMG_5810-17.jpg

リングの中心はT字の連結材が丁度ポールの直径と合い、軽く叩くとしっかり挿入できます。
IMG_5811-17.jpg

設置完了です。
IMG_5815-17.jpg

これにポリシートを掛けると出来上がりです。
IMG_5817-17.jpg

IMG_5822-17.jpg

昨夜からの雨、なんとか間に合ったと思っていたのですが、今朝は朝から強風風雨です。
雨も猛烈に降っているし、風速7、8mの風です。
多分昨日の雨除け対策が悲惨な状態になっているのは間違いないのですが怖くて見に行けない????。
もしバラバラになっていても、この大雨の中では修理もできないので我慢というか、諦めというか・・・・。




この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
元越山頂からの見晴らしがよくなりました!
- 2016/02/01(Mon) -
元越山色利登山口の反対側からの登山道を管理している木立地区の方から、山頂周りの木が高くなって見晴らしが悪くなっているから少し切りませんかとお誘いを受けました。

我が登山道を守る会のメンバーも結構高齢化(?)し、膝や腰の故障で山頂で伐採するとなると、メンバーが限られます。
会最高齢の冨松会長以下4人でしたが、四駆の軽トラック2台で近くの林道まで登りました。
そこからチェーンソーと燃料や鉈を担いで山頂へ。
IMG_5793-17.jpg
木立地区は区全体で登山会を運営しているので流石に若手メンバーも多いのです。

山頂の周りは10年ほど前に登山道を作った時に立ち木を切った以来なので、確かに展望が悪くなっています。
米水津湾の対岸の小浦、竹野浦側はほとんど見えません。
IMG_5762-17.jpg

IMG_5759-17.jpg

IMG_5754-17.jpg

早速作業開始です。
IMG_5781-17.jpg

藪の中でチェーンソーを振るっているのは冨松会長です。
IMG_5779-17.jpg

周りの雑木を切ってツツジの日当たりを良くします。
IMG_5772-17.jpg

奮闘(?)2時間、
IMG_5795-17.jpg

山頂展望の”売り”でもある豊後水道のリアス式海岸線がしっかり見えるようになりました。
IMG_5785-17.jpg

IMG_5797-17.jpg

4月の春の登山会を楽しみにして下さい。

木立地区の皆さんありがとうございました。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |