FC2ブログ
恒例の門松作りです!
- 2020/12/29(Tue) -
27日日曜日、地区の年末恒例行事の門松作りです。

場所は、色利地区の入り口、”立岩神社”下の広場です。
元越登山会のメンバーが今年も沢山参加しました。
竹を搬入
門松の中心になる、孟宗竹や松、梅の木などを分担して山から切り出してきます。

竹の小切
竹を小切って、

竹の回し板
針金で一枚に綴じていきます。

土台作り
砂の入った土嚢を入れて土台作りです。

その後ろでは、
中心の竹まとめ
今年も門松作りの中心になって指導してくれる、造園業の方が切りそろえた竹をまとめています。

竹を回し縄結び
中心の竹を入れて、砂を入れて、縄で回し結びます。

開始から1時間半、
だんだん出来上がる
お宮の入り口のゲート(?)も出来てきて、全体が見えてきました。
そして、
門松
門松の出来上がり!!

最後に、
記念撮影
記念撮影
来年はコロナの収まったいい年になりますように!!
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ミカンの季節です!partⅡ
- 2020/12/14(Mon) -
熟れたミカン改 (1)
早生ミカンが終わって、晩生温州ミカンの季節になりました。

今年も収穫前の味チェックです。
味見用ミカン
まず、実際に1,2袋食べてみます。
但し、味わったら飲み込まずに吐き出します。
そして、
糖度計
糖度計で、糖度を測ります。
収穫するかどうかは、糖度よりも食べたときの味で決めますが、糖度10度以下のものは
”甘味不足”でまだしばらく様子見です。

チェックするのは、1本の木で3個くらい。
完熟している実は避けて、少し着色不足のもの選びます。
糖度と味はチェックシートに記録します。
チェックシートには、木の状態、実の付き具合なども書きます。
味見記録帳
甘くて、酸味を”酸味”として感じないレベルのものを”合格”として木の番号の前に丸印を付け、
収穫OK印
木に付けている番号札に黄色のテープを付けます。
一回目の味見で合格したのは、53本中23本、一週間後の再チェックでは9本でした。平均糖度は11.7度。
今年のミカンは例年並みかな?

もちろん、テープが付いている木でも、着色不測のものは収穫せずに、いい色になるまで待ちます。
収穫したミカン
いよいよ収穫開始。
忙しい年末が始まりました。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |