炭窯作り再開です
- 2012/04/07(Sat) -
2月下旬に続いた雨のおかげでせっかく出来てきていた炭窯が崩壊して1ヶ月余。
天気も安定してきたので再スタートすることにしました。

まず、崩れた前の炭窯の撤去です。
タイヤショベルで突き崩します。
IMG_3101.jpg

次にユンボーで大きな塊を除去又は慣らし作業です。
IMG_3105.jpg

土の補充です。放置されている古い炭窯を崩して運んできた炭窯残骸から大きな石を除きます。
IMG_3105.jpg
そのあと、篩いで石と赤土を分離します。
IMG_3104.jpg
篩いが小さいので結構大変です。篩い上の小石の除去は大変骨折り作業です。
山のように積み上がった石混じり土を全部分離するには気の遠くなる思いです。

急遽ビニールハウスのドアに少し手を加えた大型の”通し”を作りました。
IMG_3108.jpg

これがパス分で、下がオン分です。
IMG_3110.jpg

IMG_3111.jpg

簡単な装置ですが結構作業性がいいです。
かっては竹で作っていたようですが、これはビニールハウスのドアを改善して作った金属製の動物害対応柵を利用したものです。

周りが片付いていよいよ地割り(作図)です。
IMG_3106.jpg
ミキサーを使っての土コネ作業も開始です。
IMG_3112.jpg

石垣作りのように下の方から石を積み重ねていきます。

今回はまず石を積み重ねていき、練った土は石の隙間を埋めるように突きこんでいきます。
IMG_3113.jpg
IMG_3115_20120407205155.jpg

本格的な窯作りは春の登山会後になりそうです。
今回は石積みで形状を作るので少しくらいの雨には大丈夫と思いますが、出来上がりまでに結構日数がかかりそうなのでやっぱり心配です。
屋根を早めに作るつもりです。





スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<晴天の春の登山会でした | メイン | ミカンの接ぎ木です>>
コメント
-再挑戦-
 みかんやのこんさん、おはようございます。
炭窯作りの再開で安心致しました。
皆さん楽しそうにやっておられますね。
本人さんたちは大変な作業と思いますが。
それにしてもいろいろなアイデアが浮かんでくるものですね。
2012/04/08 06:08  | URL | うすきハッピーリタイアメント #tkH/NvUc[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんわ。今日はお忙しいところ、お時間をとつていただき本当にありがとうございました。天気にも恵まれ最高の山登りとなりました。頂上からの眺望にはみんな感動していました。お結び弁当の後の いただいたみかんがデザート。甘く果汁が多くとても美味しくみんな喜んでいました。ごちそうさまでした。13時過ぎには登山口に着くことができ、鶴見崎、丹賀砲台なでどを見学し、17時30分ころ出発地に到着いたしました。
突然のお願いにもかかわらず、お引き受けくださり、感謝申し上げます。また今度天空公園までの尾根歩きに挑戦したいと思っています。
気候の変化で体調をくずされませんようお大事にお過ごしください。
2012/04/08 20:22  | URL | 内田 孝久 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kon2351.blog52.fc2.com/tb.php/108-d5281975
| メイン |