元越村作業小屋(仮称)の建築スタートです
- 2012/12/09(Sun) -
炭焼き窯、石窯などを併設する元越村の中核になる作業小屋の建築をいよいよ開始しました。

先ず、先月末に搬出した材木の皮むきです。
皮の剥きやすい夏の始め頃までには終えるはずだった皮むきがこの時期なると大苦戦です。
IMG_4624.jpg
竹べらくらいで剥けるものが今は刃物が必要です。
時間のある時に2,3人のメンバーで頑張って、1週間余りかかりました。

次は、堀立柱のために埋める部分を保護するためしっかり焼きます。
IMG_4626.jpg

丸木柱に直接丸木の軒桁をのせるので柱の頂部をチェーンソーで丸く削ります。
IMG_4635.jpg
いい感じにセットできそうです。
IMG_4639.jpg
柱と軒桁のイメージができました。
IMG_4636.jpg
IMG_4689.jpg

棟木に軒桁、垂木用の丸太を載せると屋根の部分が見えてきました。
建築には皆んな素人なので予め地面で形を作ってクレーンで吊るし上げる方法を取ることにしています。
地元の大工さんにもアドバイスをもらいましたが、結構大変です。

ホソとホソ穴で組み込むのは大変なので、羽子板ボルトや普通の長ボルトを使って止めることにしました。
IMG_4700.jpg
IMG_4706.jpg
IMG_4707.jpg
各所に筋交いを入れて強度を高めます。
IMG_4701.jpg
なんとか形ができてきました。

組立作業している隣には基礎を作る(といっても掘り立小屋だから穴掘り)ための線引きができています。
IMG_4709_20121210185409.jpg

6×8㍍の結構大きな小屋になりそうです。
今日は日曜日だったので参加者も多かったのですが、平日になる明日からはこのメンバー全員がかかるわけにもいかないので棟上げまでにはまだしばらく時間がかかりそうです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<元越村作業小屋(仮称)作り パートⅡ | メイン | 念願のビニールハウスの張替えです>>
コメント
-完成が待ち遠しい!-
 みかんやのこんさん、こんにちは。
いよいよ小屋の作業が始まりましたね。
基礎工事から木材の切り出し・加工・屋根の組立と拝見出来、勉強になります。
堀立柱を土に埋める工法は初めてです。腐食防止のための焼き工程が必要になる訳ですね。
皆さん方と力を合わせながらの小屋建設、大変でしょうけど貴重な財産になりそうです。
2012/12/12 17:48  | URL | うすきハッピーリタイアメント #tkH/NvUc[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kon2351.blog52.fc2.com/tb.php/155-5832fdef
| メイン |