炭焼き続報-Ⅱ
- 2015/03/21(Sat) -
3/19 (火入れから1週間、焚口閉鎖から4日目)
 煙が少しずつ変わってきます。
朝9時の煙です。
IMG_3811-15.jpg

午後2時、
IMG_3816-15.jpg

午後5時、
IMG_3832-15.jpg
写真ではよくわかりませんが、煙突出口に極わずかですが青味を感じます。

翌日、
3/20、
午前9時、
IMG_3836-15.jpg
若干青味を帯びた煙ですが、すっかり透明感が出てきました。

午後11時、
IMG_3839-15.jpg
全く煙が見えなくなりました。

午後からいよいよ締め込みです。
IMG_3856-15.jpg
最後まで開けていた通風口はもちろん、
IMG_3864-15.jpg
煉瓦で締めこんでいる焚口もしっかり練った土で塗りこんでいきます。

煙突基部も
IMG_3861-15.jpg
IMG_3878-15.jpg
完全に塗り込めます。

IMG_3877-15.jpg

焚口もしっかり塗り込めて、これでもう窯が冷えるのを待つだけ、
と思っていたのですが、
実は翌日、21日、焚口の土が大きくひび割れ、一部は落下してしまいました。
急遽、塗り直し、さらに二重の締め込みとして板枠に赤土を突き込みました。
IMG_3879-15.jpg

これなら内部が多少ひび割れても空気が漏れることはなさそうです。
これでほんとに窯が冷えるのを寝て待てばよさそうです。

PS。
IMG_3854-15.jpg
窯がしっかり加熱した後から各ステージごとに採取した木酢です。(最初の30L位は廃棄)
左から3本目にはタールが多くなり、右端は最後の20L位のものです。
最初の2本目くらいまでがちゃんとした木酢液になるでしょう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<そろそろ・やっと、デコポンです! | メイン | 炭焼き続編-Ⅰ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kon2351.blog52.fc2.com/tb.php/254-059e61fa
| メイン |