石窯作り開始です
- 2016/03/10(Thu) -
今年度の計画のメインテーマに”石窯を作ってピザを焼こう”というのがありました。
石窯作りの担当を自認していた私の怠慢で、あっという間に年度末になってしまいました。

もちろん、ただ手をこまねいていたでけではありません。
本を買い、ネットで調べ、実際に手作り石窯でピザを焼いているところに見学にいくこと3箇所。
その結果がこれ!
005-17.jpg
ダンボールでこんな感じ、というのを作ってみました。
最初は焼くところと燃焼室とを分ける2室タイプを考えましたが、見学先で”窯の温度が上がらない””上がるまでに2、3時間かかる”などの話を聞き、単純な一室タイプにしました。
形状もドーム型にしたかったのですが、レンガの細工が難しいのでカマボコ型です。

材料を揃えるまでにこの窯を載せる”台”が必要です。
実は、我が元越山登山道を守る会には、土木作業のプロが何人もいるのです。
025-17.jpg
すぐに土間コンを打つ準備をしてくれました。
次はセメント入れ、
027-17.jpg
丁度近くの工事現場に運んできた生コンを分けてもらい枠内に入れます。
これを土木用語で”だせつ(打設)と言うのだそうです。
028-17.jpg

途中で強度用にワイヤーメッシュを入れます。
030-17.jpg

031-17.jpg
しっかり踏み込みます。
これで、
032-17.jpg
基礎は完成です。
土間コンが乾いたら、ブロック積みです。
033-17.jpg

窯は耐火レンガ積みで結構重量があるので鉄筋もしっかり効かせます。
057-17.jpg
出来上がりです。

この上に窯を載せる台(スラブ)を作ります。
IMG_6042-17.jpg
スラブ枠作りもあっという間でした。

IMG_6083-17.jpg
セメントを入れて平面を取れば出来上がりです。

窯の台がブロックでけでは味気ないので、石垣積みにしてもらうことにしました。
IMG_6089-17_20160310141315a8b.jpg
海と川から手頃な石を拾ってきました。


一方、炭焼きの方ですが、
IMG_6040-17.jpg
火入れから3日、しっかり白煙が上がり、
IMG_6036-17.jpg
木酢も出ています。

IMG_6038-17_20160310135549c53.jpg
目安にする温度は煙突下部で測ります。
これから先は煙の色を見ながらの作業になります。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<3/13日、壁画作成に参加しました | メイン | 3/1 大安吉日(?)の火入れです>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kon2351.blog52.fc2.com/tb.php/293-9ec82cb5
| メイン |