FC2ブログ
ソラマメの話です、第2弾!
- 2011/02/19(Sat) -
ソラマメもずいぶん大きくなりました。もう私の胸あたりまで来ました。
花も10段目くらいになりました。
IMG_0836KAI8
先日、寒波で黒変した実のことを紹介しましたが、ソラマメの試練(?)はまだ続いています。
どんどん出てくる芽を間引きに間引いて4本にした後でも、相変わらず新しい芽が出続けるのです。

もう4本がしっかり育って、子孫を残す手続きは着々できているのに、ちょっと目を離すとこんな具合。

IMG_0810-28.jpg
これ以上は養いきれないから涙を呑んでまた間引きです。
IMG_0812-28.jpg

今日は摘果です。(もちろん、摘花も継続してやっています)
摘花で一節に2個だけ残したソラマメ、小指くらいになったら最終試練です。
2個のうちの優等生を1個だけ残して、もう一つを取り除くのです。

今の実の状態は大体こんなもんです。
IMG_0849-28.jpg

赤い矢印のがその隣のよりちょっと小さいとか、変形しているとか、それだけで除去されるのです。
理不尽この上ないと思いながら、某ソラマメ特産地の教えに従って切除。

一節に1個になりました。
IMG_0850-28.jpg
某産地の教えに背いて、赤い”吹き出し”のついた実は隣のとほとんど差がないので残しました。
今年は寒波で下3節目くらいまでがほとんどやられたのでその代り(?)ということでいいでしょう。

わずかな違いで落ちこぼれた実達。
IMG_0854-28.jpg

そして残されたエリート(?)実。
IMG_0859-28.jpg
この1本のさやの中には、ほんとは何十本分の実が詰まっているのです・・・・・。
中学生くらいから否応なく”競争”させられてきた団塊の世代真っ只中の私としましては、なんとも身につまされるソラマメ栽培です。
考えてみると、エリートという言葉には表側にも裏面にも”残酷”が潜んでいるのかもしれないなあ。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<トマト苗の鉢上げです! | メイン | 木立の「元越登山会」に参加しました>>
コメント
--
 みかんやのコンさん、こんにちは。
そら豆が大きく育っていますね。背丈程の成長はやはりハウス栽培だからでしょうか?我が家のそら豆は僅か
50㎝です。(笑)
それにしても、折角結実したものを除去するのは、淋しい気持ちになりますが、優等生を作る手段であれば仕方ないですね。
 話は変わりますが、私の子供の時分、そら豆のことを
”とうまめ”と言っていました。その乾燥した”とうまめ”を缶詰の缶で炒り食べていました。そんな遊びをしていたのは遠い昔となりました。

2011/02/20 13:38  | URL | うすきハッピーリタイアメント #tkH/NvUc[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
私のところでも”とう豆”(唐豆?)と言ってました。いまでもお年寄り(自分もそろそろですが)はそう言っています。缶詰の缶で炒ったというのは経験ありませんが。
2011/02/21 07:58  | URL | ミカンやのコン #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kon2351.blog52.fc2.com/tb.php/33-8d473b9d
| メイン |