トマト畑に猿対策(?)犬を配備しました
- 2011/05/19(Thu) -
4月の初旬に定植したトマトがもう胸の高さまで来ました。
IMG_1249-28.jpg
接ぎ木の部分もしっかり肉を巻いて大丈夫です。
IMG_1255-28.jpg

最近は誘引と脇芽摘みが主な仕事ですが、先日、ハウスの中で仕事しているのに
なんと屋根にサルがやってきたのです。とんでもないやつです。
たぶんこの間ソラマメをやったやつの一派が偵察に来たのでしょう。

第一花房にはもうしっかり実がつていいます。
私のトマトは房成り中玉種の「フルティカ」です。糖度が高く食べやすいので気に入っています。
IMG_1263-28.jpg
斥候のサルがこれから時々やってきて実が赤くなる時期を伺っているのです。
簡単にやって来られて”慣れる”と困るので、偵察に来るのも遠慮してもらうために
猿対策に飼っている犬を配備しました。
ビーグルの雑種4年生の”エル”です。
IMG_1253-28.jpg
猿は賢いので単純に犬を繋いでいるだけでは見破られてしまいます。
ワイヤーを10m位張って、わっかを付けてこの間を自由に動けるようにしておくのです。
ミカン畑では効果絶大でした。
(ソラマメもこうしておけばよかったのですが、ハウスのネットで大丈夫と思ったのが間違いでした)
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<元越小屋に写真ボードを作りました | メイン | 花摘みの季節です>>
コメント
--
ミカンやのコンさん、こんばんは。
トマトの定植から20日余りで、大きく成長していますね。やはり、ハウス栽培は露地栽培と違って成長が随分
早い見たいです。
 猿対策も大変で猿と人との知恵比べが当分続きそうですね。
 ハウス栽培の利点は水の心配をしなくて良いことですか?
2011/05/19 20:00  | URL | うすきハッピーリタイアメント #tkH/NvUc[ 編集] |  ▲ top

--
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。ハウス栽培のメリットというのはやはり管理しやすいということでしょうか。温度や鳥獣害など。
(元越山麓では谷水が結構豊富なので配管さえしておけば水の方は露地栽培でも大丈夫です)
私のハウスは加温設備はないのですが、それでも1か月くらいは季節の先取りができるようです。
2011/05/20 05:33  | URL | ミカンやのコン #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kon2351.blog52.fc2.com/tb.php/49-22fb14ec
| メイン |